賃貸住宅フェア2007in名古屋講演満員御礼!ありがとうございました!

みなさんこんにちは!

6月28日に全国賃貸住宅新聞社が主催する業界最大のイベント、

賃貸住宅フェア2007in名古屋での講演

「区分所有1室からでもできる!利回り20%物件を作り出す

リフォームコストの幅削減の秘訣」

ですが、おかげさまで満員御礼!

立見が出るほどの大盛況にて終えることができました。

ご参加いただいたみなさんありがとうございました。

当時は約1時間前に会場に入り、講演の準備をします。ホールに入りテクテク会場へ、

最初にばったり会ったのがFPコミュニケーションズの中村一晴さん、

「あっ、こんにちは!講演がんばってください!」と声をかけていただき、誰かと思えば中村さんでした。

中村さんは3月に東京で行われた競売セミナーの講師を勤められた方で、

そのとき以来メールのやり取りをさせていただいています。(また後日詳しく紹介しますね!)

でようやく現場に到着。ビデオ撮影の為にHCSスタッフと撮影の準備です。

私は新調したノートパソコンの調子を見ながら、発表用のレジメを一通り通します。

賃貸フェア2007名古屋観客
講演時間が近づくと、どんどん人が集まり、 あっという間に後ろの方は立見の方が!

賃貸フェアスクリーンタイトルそして講演開始!
レジメ枚数は36枚、昨年度は56枚でしたが、網羅しすぎて 聞かれる方がおなか一杯になったようなので今回は お話の焦点を絞りました。

賃貸フェア2007名古屋小林講演

まず一に触れたのが新築貸家着工件数の話。
新築貸家着工件数が前年比3.9%、6年連続の増加という

全国平均ですが、何と中部圏は13.7%増!

13.7%増ですよ!13.7%!!

高度経済成長か?と思えるくらいの前年比伸び率、はっきりいって異常です。

新築が全国平均の4倍以上中部圏には立っているということですから。。

4倍ですよ!4倍!!

何も知らない人は「トヨタ自動車」の好景気をすぐに上げますが実態はそうでもない。

トヨタ自動車+直系関連会社(デンソー、織機など)の会社で愛知勤務の方は殆どが自宅から

通っています。社員で賃貸に住む人が東京や大阪などの大企業に比べ少ないのです。

さらにトヨタ自動車の連結対象先が540社ありますが、孫、ひ孫となればなおさら企業規模は

小さくなり、会社が家賃補助などを出さなくて良い地元採用がメインになってきます。

ですからトヨタ系を狙うのは実は危険だったりします。

当然トヨタ系だけでなく自動車の生産にまつわるあらゆる企業がありますから全体のパイは

増えるとは思いますが、はっきり言って13.7%の供給は愛知県の景気や人口の実態との乖離が

激しく異常と感じます。それとトヨタは何でも自分でやっちゃいますから、本当に賃貸住宅が

必要となれば自分たちで建てちゃいますよ。これホントの話。

それくらい力もってる会社なんですね。

さすがワールドワイドにコンペテションしている企業は違います。

しかもコスト意識が凄い!さらに同族意識が強い!取引企業は殆どがトヨタ関連で、

だいたいOB(役員)の関係、他の企業と違うところはコネやバーターなのにちゃんと

市場価格よりもどんな取引であれ安く入っています。

スゴイッ!!はっきりいって恐ろしい〜(ーー)

スイッチとかだけ作っている部品メーカーとかいってもはっきりいって規模が違いますもんね。

「これがスイッチメーカー?」という企業規模です。本社も工場もでかい!

おっと、話がそれました。。

賃貸フェア2007名古屋観客さて、講演はどんどん進みます。
1月に満室経営実践会主催で開いたセミナー
「1室でもできる!見積330万円を60万円に!
利回り20%を達成する修繕コスト大幅削減ノウハウ公開」
の一部分を別のアプローチから取り上げたセミナーです。

というのも最初は上記のセミナーをダイジェストにしようと思ったのですがはっきりいって無理でした。

2時間30分のセミナー内容で事細かに離している上に

「これ言っちゃっていいのか?」

という結構ぎりぎりのラインで話していますので・・・

上記のセミナーは工務店や材料業者から「利益が減るから広めるのはやめてくれ!」

といわれた程の内容です。

賃貸フェア2007名古屋観客さて、どんどん講演は進みます。
賃貸住宅フェアの参加者の方の特徴はやはり ベテラン大家さんが中心ということですね。
ご年配の方が多いです。

手前の方は一生懸命メモを取っておられます。次回もしフェアで講演をやる機会があれば

そこを配慮したプレゼンにする必要がある点が反省点でした。

賃貸フェア2007名古屋小林講演実は私、いつもレジメに事前に話すことをしっかり書いて 順番までつけているのですが、いざ講演が始まると全く 見ないでやってしまってたりします。
講演が進んでくるとやっぱり聴講者の方々との会話なんですよね。

賃貸フェア2007名古屋小林講演自然と身振り手振りが大きくなります。
写真を撮ってくれた満室経営実践会事務局の西尾さん、
「動くからちゃんとてれないわ〜。。」とのこと(^^)
でも最後には「い〜写真取れたわ〜。。」といっていたので

賃貸フェア2007名古屋小林講演ばっちり、いい写真取れています。(^^)
で、あっという間に講演終了。
今回も盛大な拍手をいただくことができました。 そして「質疑応答」ですが質問が5名くらいの方からありました。

賃貸フェア2007名古屋観客有料のセミナーと大きく違うのは質問の数ですね。
有料セミナーは大体10人以上が先を争って質問があります。
一人2つくらい質問されますね。
賃貸フェアは皆さんセミナー馴れされていないせいか、 遠慮気味でした。。

講演終了後、スタスタと一人の方が、

7月14日のセミナーに参加します○○です。今日は姫路からきました。」という方が!

え~っ!姫路からですか!!本当に遠方よりお疲れ様でした。

このように私に声をかけていただけるのは本当に嬉しいですね。

インターネットって凄いと感じる瞬間です。

そしてまた別の方が!「ナディアパークでのセミナーに参加する○○です。」

何と2人も声をかけていただきました。

本当に嬉しいです。ありがとうございました。

調達戦略セミナー」は期待していてくださいよ!

時間も2時間30分とたっぷりありますし、情報の「質」と「量」の次元が違いますからね!

巷のセミナーとは内容の濃さが違います!(キッパリ!)

いづれにせよ、私の講演にご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

講演終了後、FPコミュニケーションズのブースの浦田さんに挨拶がてら伺い、立ち話。

新しい構想のお話を聞きました。

浦田さんから「小林君はスピーカーはバッチリOKだからさ、はやく宿題だしてよ。」

といわれちゃいました、(^^)、何とかチャッチャと仕上たいところ。(ーー)

しかしながら、作らなくてはいけないものが山ほどあります。。(**)

定期借家セミナー」のDVDパッケージ案もまだだし・・・急がねば。。。

何はなくとも、講演にご参加いただいたみなさん、盛大な拍手ありがとうございました。

そして遠方よりご参加いただきましたみなさん、本当にありがとうございました。

ではまた次回セミナーでお会いいたしましょう!

【追伸】  賃貸住宅フェア講演記念無料レポート、”期間限定配布中”です。

“あなたなまだ回り道を続けますか?”

短期間に”ラットレース”から抜け出す、知識ゼロからでもできる

“失敗しようがない不動産投資の秘訣5カ条”(A4 76ページ)

⇒ https://kachigumiooya.com/repo-t1/repo-tform.htm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする