【緊急号外】世界最強企業のノウハウを不動産投資応用、トヨタ式不動産投資法セミナー開催!

みなさんこんにちは

満室経営実践会 小林大祐です。

桜が満開ですね。

先週は久しぶりにタイに渡航してきました。

渡航している間にあっという間に日本は春到来、

花満開の桜咲くと言う状況ですね。

かなり海外渡航してきましたがやっぱり日本が一番ですね。

さて、本日は「トヨタ式不動産投資法」の開祖である久門広尚さんから

1棟目の不動産投資を手堅く勧める為の特別なお知らせです。

6年間の遠回りで知った「不動投資の落とし穴」を暴露!?
家賃収入6,000万円、総資産6億円を手堅く、5年間で構築!
会社に縛られることなく自由に生きる為の確実な「不動産投資術」
勤続15年の開発経験で培った「トヨタ式開発プロセス」を応用
サラリーマンが失敗しない1棟目を確実に購入する為の
「トヨタ式不動産投資法」の極意とは?

一流企業サラリーマンが集う
「実践型不動産投資コミュニティ」トヨタ式不動産投資塾

▼2015年2月14日に開催された、
第1回トヨタ式不動産投資法セミナーの内容を公開!
注目の「参加者肉筆アンケート」と「満足度」を今すぐチェック!
◆記事はこちら
Facebook
⇒ https://www.facebook.com/toyotashiki.page
アメブロ
⇒ http://ameblo.jp/bpp-hisakado/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼特別無料レポート
”あなたはまだ回り道を続けますか?”
1棟目の不動産投資を確実なものにする!
『銀行融資の獲得率を100倍上げる金融機関攻略法 3つの秘訣』
◆無料レポートのダウンロードはこちら
⇒ https://kachigumiooya.com/hcsbpp/freereport/repo-tform.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、トヨタ式不動産投資塾 久門広尚と申します。

皆様からご要望があり、半年ぶりに再開!

2月に続き、第2回目の「トヨタ式不動産投資法セミナー」を開催!

不定期開催につき、お見逃しなく!

▼1棟目の不動産が「買いたい、でも買えない」不動産初心者のあなた

▼1、2棟購入したが、「本当にこれで良いのか」先が見えないあなた

▼将来への不安はあるが、「何から始めたらよいか分からない」あなた

そして

▼巷の「不動産投資セミナー」の「美辞麗句」が信用できないあなた

▼巷の「不動産投資塾」の「買取再販スルガセット販売」が

「中長期的」に本当に「資産形成」に繋がるか信用できないあなた

▼不動産投資において「勉強」と「自己投資」をする

「覚悟」と「情熱」はあるがどこで勉強するか迷っているあなた

最後に

▼サラリーマン不動産投資において「とりあえず1棟買う」のではなく、

「長期的な資産形成」に大きく繋がる「本当の成果」を求めるあなた

あなたはまだ回り道を続けるのですか?

6年間の遠回りを通じて知った不動産投資の“成功法”

世界最強の製造企業勤続15年の開発経験で培った

「トヨタ式開発プロセス」を応用した、

失敗しない1棟目を“最速”で購入する為の不動産投資術

「トヨタ式不動産投資法」、

会社に縛られる事なく自由に生きる為の“確実な1棟目購入”と

“サラリーマン資産形成”を着実に実現する

“具体的方法”を公開します。
====================================

こんにちは、トヨタ式不動産投資塾、久門広尚と申します。

「1棟目不動産購入」、不動産投資を通じた「サラリーマン資産形成」を

「論理的」「確実」な「メソッド」で「手堅く着実に進めたい」と思う

サラリーマンの為の不動産投資塾、「トヨタ式不動産投資塾」を

主宰しております。

私、久門は、一昨年10月までの15年間、トヨタ自動車で

「車両設計開発」の第一線で仕事に従事しておりました。

トヨタ自動車でサラリーマン生活をしている日々、

誰もが知る世界トップ製造メーカーで働く私でしたが、

実はその生活には、非常に大きな不安がありました。

■私に何かあったら?

⇒ 会社収入のみに依存した「生活基盤」への不安

■将来年金は本当にもらえるのか?

⇒ 「定年後の生活」への不安

■いくらの貯蓄があれば安心なのか?

⇒ 「終わりなき貯金」を続ける毎日

■ではどうしたら良いのか?

⇒ 「具体的な対処方法」が分からない

■だから「サラリーマン」を必死で続ける!

⇒ 「疲弊」した会社生活

そのような「疲弊」したサラリーマン生活を続ける中

2002年の夏、一念発起し「不動産投資」を志します。

しかし、私の始めた当初、不動産投資は全く上手くいきませんでした。

今の私にはその原因は「明確」なのですが、当時は全く分からず

その結果、「はじめての物件購入」は、2008年の夏、

何と「着手してから6年間もの歳月」が掛かりました。

しかし始めるまでに時間は掛りましたがその後は、

「短期間」に物件を増やし現在は、6棟103室を所有、総資産6億円、

家賃収入年間6,000万円、年間CF2,500万円を達成し、

一昨年10月にトヨタ自動車を円満退職致しました。

私が6年間買えなかった原因、

そして、その後、トヨタ自動車を退職できる規模まで、

しっかり「キャッシュフロー」を生みながらも、

売却時に「元本を棄損しない物件」を短期に購入できた理由、(←重要)

▼【出来る人】 →【手堅い1棟目を最速で購入できる人】

▼【出来ない人】→【本人がいくら頑張っても購入できない人】

この違いは、実は「明確な理由」があるのです。

私が言っている「手堅い1棟目物件」とは巷の不動産投資塾でよくある

「買取再販スルガ融資セット物件」の、

「業者のみが利益を得て大家が利益が出ない物件」ではありません。

▼【出来る人】 →【手堅い1棟目を最速で購入できる人】

▼【出来ない人】→【本人がいくら頑張っても購入できない人】

この「原因」と「具体的対処方法」を私は

「15年間のトヨタ自動車での開発経験」を不動産投資に応用し、

「メソッド化」する事で「明確化」し「改善」する事ができました。

その「メソッド」に乗っ取り「不動産投資」を進める事で

誰でも「確実な不動産投資」を通じた「資産形成」ができる「メソッド」

それが、「トヨタ式不動産投資法」です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今すぐ「トヨタ式不動産投資法」とは何か?を見てみる
▼こちら → https://www.kachigumiooya.com/hcsbpp/seminar-s003/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼「明確化は力なり」

製造立国日本を代表し、日本の世界的な「看板製品」でもある「自動車」、

そしてその「自動車世界シェア No.1」の「製造メーカー」である

「トヨタ自動車」で「設計開発」の仕事を行ってきた私、

その日々の業務では、日常的にあらゆる要素へ対して

「可視化」「数値化」「標準化」を行っていました。

設計者だけでも2万人を超える巨大組織の下、

「部品点数2万アイテム以上」の自動車を開発する為には、

この「可視化」「数値化」「標準化」という概念は非常に重要です。

壁にぶちあたりながら「不動産が買えない毎日」を

過ごしていたある日、重大な事に気づきます。

この「可視化」「数値化」「標準化」の概念と

「トヨタ自動車の開発プロセス」が

不動産投資、サラリーマンの資産形成にも応用できる事を!!

この気づきの後、私は短期間にトヨタ自動車の年収の2倍以上の

「キャッシュフロー」を不動産投資から得られるようになったのです。

世界企業の「開発メソッド」とその「プロセス」が、

確実な「1棟目の不動産購入」にも活用できる、

まさに目からうろこでした・・・

サラリーマンが手堅く、確実に1棟目購入を実践する事ができる

「トヨタ式不動産投資法」とは?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今すぐ「トヨタ式不動産投資法」とは何か?を見てみる
▼こちら→ https://www.kachigumiooya.com/hcsbpp/seminar-s003/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「トヨタ式不動産投資法」セミナー会場で

「経済的」「時間的」「精神的余裕」のあるサラリーマン生活

を実現したいと願うあなた様とお会いできる事を楽しみにしております。

トヨタ式不動産投資塾 久門広尚

━━◆ここまで◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そこらへんのなんちゃって資産形成不動産投資塾とは一線を博す

グローバル企業のノウハウ、不動産を買うのは簡単ですが、

確実に資産形成に合致した不動産を買う為には緻密な戦略とノウハウが不可欠です。

ビジネスマンの資質と素養を併せ持つ方にはぜひ「トヨタ式不動産投資法」を

知った上で不動産投資に取組んでほしいものです。

内容を聞けば必ずその他の不動産投資塾との圧倒的な差を体感できるでしょう。

【追伸】 建築コスト削減戦略セミナー実践編 4月25日(土)渋谷開催、

近日中に募集開始です。私からの手紙を見逃さないでください。

ではまたセミナー会場でお会いできる事を楽しみにしています。

満室経営実践会 小林大祐

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。