原状回復費用負担リスクの全てからあなたを私が守ります。

満室経営実践会 小林大祐です。

先日の「不動産投資業界が崩壊する日」、そして

その「事実」を象徴するかのごとく

「原状回復費用負担トラブル」の「訴訟の嵐」、

益々混迷を極める不動産投資、賃貸経営業界において、

我々賃貸経営者はどのようなリスク対策を

行う事が必要なのか?

それは法治国家である日本の法律に基づき、

緻密に計算された「準備」の一言につきます。

もしあなたの物件での退去立会に

「敷金返還コンサルタント」が同席したら

あなたはどうしますか?

諦めて「全額負担」しますか?

それとも「少額訴訟」など、「法的」に争いますか?

インターネット活用が「生活の一部」となった今、

入居者にとって何のリスクもない成功報酬で気軽に

「敷金返還コンサルタント」を雇い退去立会を依頼し

「敷金返還請求」をする事は、賃貸に住む人々において

いずれ当り前になるでしょう。

もはや「対岸の火事」ではないのです。

「国土交通省のガイドライン」や「東京ルール」、

「消費者保護の風潮」は誰も止めることはできません。

この「消費者主義」の世の中で、どのように自らの

賃貸経営における利益を確保していくのか?

「ゴネられたら負け」の大家にとって危険極まりない賃貸契約と

「業者の思うツボ」の管理会社まかせの退去清算、

何も考えずに退去清算をしていると儲かるはずもありません。

「建てる時にボラれ」、「退去の度にボラれる」、

誰のために賃貸経営をしているのかわからなくなるような

事態になります。

知るものが勝ち、知らないものが負ける。

二極化が進む賃貸経営において、勝つか負けるかは

あなた自身の選択にかかってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。