【トヨタ式不動産投資塾No14】抜け漏れなく現地調査を行う方法とは?「三元主義手法」を活用した 「物件調査方法」のノウハウを公開!


皆さん、こんにちは。
トヨタ式不動産投資の久門広尚です。

突然ですが、
約2年ぶりに物件を購入しました。

以前は毎年1,2棟のペースで購入しておりましたが、
私の物件よりも塾生さんのサポートを最優先で行っておりましたので
最近は買う事が出来ませんでした。

それではなぜ今回購入に至ったのか!?
塾生さんに勧められない「ワケあり物件」だったのです。

場所は名古屋市で名古屋駅まで「自転車圏内」、ファミリー向け
十分な表面利回りもある資産価値の高い物件です。

ここまでの内容だととても魅力的な物件に聞こえますが…

▼孤独死あり

▼入居者の傷害事件あり

▼入居付けに工夫のいるテナントが3戸空き

▼埋設配管で水漏れ

▼築古 築35年

▼滞納あり

ここまで聞いて皆さんこの物件を欲しいでしょうか?

本当にリスク盛り沢山の物件です。
これらのリスクを負って購入できる塾生さんがいなかったため
今回は私が購入しました。

これらのリスクの対処を現地現物で行う事で
ここで得た知見を塾生さんへの価値提供に変えていきます。

その内容も今後此方のブログにて掲載していきます。

それでは今回のスクーリングの内容は

抜け漏れなく現地調査を行う方法とは?
「三現主義手法」を活用した「物件調査方法」のノウハウを公開!!

という題目で2015年6月20日に第14回トヨタ式不動産投資塾の
スクーリングを開催しました。
今回のスクーリングでは、主に以下3つのことを習得

IMG_1243 IMG_1252()

Point1
・現地において、購入物件に「隠れた問題がないか」
具体的「確認方法」を理解

Point2
・現地調査において、その物件及びエリアがどのような
「土地・街」であるかを具体的に「判断する方法」を理解

Point3
・現地調査において、「長期的満室経営」が可能であるか
具体的「調査方法」を理解

机上検討にてフィルタリングを行った物件に対し
購入の最終判断を「迅速」かつ「的確」行うための「物件調査方法」を理解し、
物件の良し悪しを「判断する力」を身に着けて頂きました。

現地調査をおろそかにして、
購入後に莫大な費用が掛かる欠陥が判明すると
リスク許容度の低いサラリーマンには「致命的な失敗」となります。

私が過去現地調査を行った中では
屋上防水の防水シートが浮き上がり「亀裂部」から「雨水浸透」で「防水機能」が失われていたケース
RC造にも関わらず躯体以外の木部が「シロアリ被害」にあっていたケースがありました。

これらの欠陥は現地で見なければわかりません。
発生する修繕の「時期」と「費用」を把握したうえで
「中長期的な投資戦略」に合致した「物件購入」であるか
現地を調査することはもちろん、「知見者」のアドバイスをもらい
「精度の高い判断」をすることが手堅い不動産投資には不可欠です。