数千万単位の大幅コスト削減を実現する
新築建築コスト削減コンサルティングサービス

まずはこちらの映像をご覧下さい。

この映像は愛知県一宮市で受託致しました「新築コスト削減コンサルティング案件」の映像です。この物件の「コスト削減前見積」は「3億6000万円」、(RC造5F建、2LDK×20戸:鉄筋コンクリートラーメン構造ピロティ方式)でしたが、最終的に天井高を2.8m、(サッシ開口2.6m)、床下収納を全面60センチ設け、映像にあった「ヘアラインステンレス仕様」の「オートロックエントランス」、「1417ユニットバス」、「ベゼルタイプ洗面台」、「セミタンクレスウォシュレット付トイレ」、「3口グリル付コンロ人工大理石メラミン化粧版システムキッチン」、「採光タイプ吊アルミ可動間仕切り」、「間接照明」等、一般的な「分譲マンション」を”圧倒的に凌駕する仕様”で「総工事費2億2000万円」(エアコン、ICカードキー、照明、コンサルティングフィー込)の、坪単価40万円で仕上がっています。なぜそのような低コストでこのような圧倒的な高グレードな建物を建てる事が出来るのか?その秘密は私達の「コスト削減の仕組み」にあります。

costdown-systeme.jpg

日本国内においてようやく「建築コスト削減コンサルティング」を受託する業者が出てきましたが、私達とは全く持って「コスト削減をする仕組み」が違います。なぜなら上記の図からもお判かりの通り、工事の半分を占める「部材」を「製造メーカー」との「売買契約」により「直接調達」する「一次代理店ポジション」と、施工する職人を直接抱える事による「直接施工体制」、即ち「上流調達」・「下流施工」の「コスト削減システム」を保有している為、確実で且つ大幅な建築コスト削減が可能となります。即ち、私達は「工事費」の半分を占める「部材調達領域」においては「一次代理店」の「相場観」を持ち、「一次代理店機能」を持ち合わせる一方で、「工事施工領域」においては自ら施工現場を遂行する「専門施工業者」という側面も持ち併せている為これらの大幅な「建築コスト削減」が可能となります。

soudanvocjiturei