“究極”のリノベーション工事
パッケージサービス

あなたは「水回り設備工事」の見積を取得したことがありますか?
「水回り設備機器」とはユニットバスやキッチン、洗面台などのことです。この水回り設備機器、実はあなたの物件が築年数を重ねると必ず「物件の歳」がでる、非常に厄介な設備なのです。何が厄介なのか?答えは簡単、水回り設備機器は非常に高価なのです。私が以前「ユニットバス交換」の見積を取得した時、解体工事ウン万円、給水給湯管工事ウン万円、それからユニットバス組立工事ウン万円、電気工事ウン万円、壁復旧工事ウン万円、壁紙工事ウン万円・・・・等、なんとユニットバスの交換だけで100万円を超える見積をもらった事があります。。その時私は唖然としました。たった家賃10万にも関わらず、ユニットバスだけで100万円、さらにキッチンや換気扇、洗面化粧台や給湯機など、今後いつか必ず交換しなくてはいけない水回り設備機器の費用を含めると・・・まったくもって利益がでる気がしませんでした。以下の図をご覧ください。

◆【大規模修繕工事削減戦略セミナー】【発表用】【最終】160127

 soudanvocjiturei