建築業界の驚くべき実態とは!?

みなさんこんにちは

満室経営実践会 小林大祐です。

あなたの「中古物件」の行きつく先は?

当然の事ながら、

いつかは「建て替え」をする事になるでしょう。

しかも「中古物件」は購入してから

何かと不具合が多いものです。

「外壁塗装」の塗り替えや「給湯器」の故障、

そして「配管つまり」などの設備系トラブル、

「水道管」が古くなると「赤錆問題」に直面し、

ひとたび設備系のトラブルが起これば

「待ったなし」での対応を求められます。

しかし、「新築物件」ではどうでしょうか?

 設備や部材は年々進化し、確実に省施工化、

 そしてロングライフ化し、

故障による「トラブル率」は

竣工後5年間はおそらく1%も到達しないでしょう。

 ▼トラブルがない = ▼手間のない賃貸経営が可能

という事なのです。

「トラブル対応」などが皆無の「新築物件」では、

「修繕費」だけでなく、その復旧にかかわる

「判断業務」、「業者選定業務」「手配業務」等の

「オペレーションコスト」をも大幅に削減してくれる、

いわば「ローコストオペレーション賃貸経営」が可能なのです。

ただし、ここからが重要なのですが、

 建てる時に「建築会社に莫大な利益」を

 取られてしまえば、残念ながらあなたの賃貸経営は

 儲かるという事は決してないでしょう。

いくら手間のない

 「ローコストオペレーション賃貸経営」とは言えど、

 「新築建築時」にボられたら、元も子もありません。

 しかし、そのような「新築物件」を

「ローコストに建てる」事ができたなら、

あなたはどう思われますか?

もう少し踏み込んで言うと、

あなたの物件「半径500m以内」の

「競合物件」を徹底的に調査し、

 そのエリアにないような「コンセプト」、

「設備」の「機能的デザイナーズマンション」を、

 競合の大家さんが”逆立ちしてもできない”ような

「坪単価」であなただけ建てる事ができたなら、

あなたの賃貸経営は間違いなく「金の成る木」となり、

「孫の代」まで勝ち続ける事ができて

「儲かる賃貸経営」が実践できるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。